食事方法

便秘解消方法はトイレでもできる

あなたはトイレの仕方、間違っていませんか?
間違った排便の方法や習慣を続けていると、胃腸や肛門に負担が掛かり、便秘や痔などの原因になります。
どんな間違った習慣があるのでしょうか。

まず、だれしもがやってしまいがちなのは、やはり『いきむ』ことです。
排便を促すためにある程度力を入れるかもしれませんが、出ないからと言って、必要以上にいきむのは良くありません。
前傾姿勢で排便を行うのがよいとされています。
必要以上にいきむのでも、安易に下剤を使うのでもなく、正直に医療機関などを受診するなどして便秘に関して相談しましょう。
また、出にくいのはやはり普段の食生活において、固い便を作ってしまう原因が少なからずあるのです。
食生活の見直しや、水分摂取が足りているかどうかも考えましょう。

また、トイレで長時間座っていることも負担が掛かり良くありません。
さきほど安易に下剤を使わない方が良い、と記述したのは、下剤には確かに腸の蠕動運動を改善させる強力な働きがありますが、下剤を繰り返し使うことにより、本来の蠕動運動が鈍くなってしまい、薬が無ければ排便できないようになる可能性があります。
便秘の原因によっては悪化させる可能性もあるためです。
便秘解消に良いツボについても参考にご覧ください。